FC2ブログ

無事帰ってきました

昨日、無事退院して帰宅しました!
手術は想像していたよりは痛くなかったのですが、それでもそれなりに痛く、
しばらくは安静な状態です。傷は腹腔鏡の手術だったので割と小さめですが、
一応切っているので、昨日までは少し発熱がありました。
くしゃみや咳、笑ったりが響くので、おとなしくしていようと思います!
皆様からのやさしいお言葉、どうもありがとうございました。
またこれからもよろしくお願いします^^

ちなみに以前困っていたお粗相問題は…。継続中でございます。
あの後、3日ほどうんちょすもおちっこもお粗相なしの日があったのですが、
また戻ってきてしまっています。いろいろとパパとママで調べたところ、
どうも発情期っぽいような気がしています。

一か月ほど前、結婚式に向かったころまではまったくにおいもなかったのですが、
最近ちょっと匂いが強くなってきておりまして。
ケージなどはかなり毎日きれいにしているのですが、お掃除してもすぐにまた、
匂いがしてきています。それもこれまでほぼ無臭だったうんちょすのにおいが強く、
食事は変えていないので、なんだろうといろいろ検索した結果、
どうやら発情期なのではないのかという結論になっています。

お部屋のお粗相については、かかりつけの獣医さんによれば、
うんちょすは仕方がないけど、おちっこは本人の意思でコントロールできる部分なので、
お粗相をしたら、躾のためにもケージに戻していいですということで、
少しそのようにしていますが「おちっこする=ケージに戻される」というのが、
セットになっていないようで、あまり効果は出ていないようです。
しばらくは様子見となっております。発情期が治まると同時に、
こちらもおさまってくれればなぁというのが希望的観測です。

女の子なので、病気の観点からしても、避妊手術はするつもりでいるのですが、
それも含めて、また次の診療のときに先生に相談してみます。

DSC_0725.jpg

スポンサーサイト

シャンシャン観覧と入院のご報告

土曜日にいつもお邪魔していたこはるちゃんのママ、ぴぴよんさんと
上野動物園に遊びに行ってきました! パンダのお話をしていた中で、
図々しくも一緒に見に行きませんかとお誘いしたところ、快諾いただきまして…。
こはるちゃん同様、若くてかわいらしい女の子で、ココママ感動でした(*^▽^*)
ぴぴよんさん、どうもありがとう☆

4年ぶりくらいの上野動物園だったのですが、やはり楽しいです。
水族館が大好きなのですが、動物園もいいですね~。
ふれあいコーナーは子供がいないと入れなかったので、
今度はダミーの子供(爆)を連れて遊びに来ようと思います。

天を仰ぐヤギ。体は10倍以上なのにうんちょすはココちゃんより小さかったです
DSC_0860.jpg

ガラス越しにしか見られなくなってしまったうさぎさん
DSC_0862.jpg

手前の子はネザーちゃんと書いてありましたが、大きさからしてたぶん違うかと…
DSC_0863.jpg

ペアリング中らしいモルモットですが、まったくペアになっておらず
DSC_0864.jpg

カピバラかわいかったです
DSC_0867.jpg

かわいらしいペンギン
DSC_0868.jpg

白熊はちょっとお疲れモードでした
DSC_0943.jpg

ココちゃんもよくこんなカッコして寝てます
DSC_0946.jpg

顔の青筋がまるで怒っているみたいなオカピ
DSC_0887.jpg

この像はリアルでお気に入り
DSC_0889.jpg

ではここからシャンシャンを…
DSC_0907.jpg
DSC_0898.jpg
DSC_0897.jpg
DSC_0903.jpg
DSC_0904.jpg
DSC_0905.jpg
DSC_0914.jpg

表題の件、明日から土曜日まで入院することになりました。
携帯電話はもっていきますが、PCがないので、その間メントできません。
(ココママは旧世代なので、携帯でちまちま長い文章を打つのが苦手です)
しばらくココちゃんと離れてしまうのは寂しいですが、
まずは自分の健康一番ということで、がんばってきます~。



オーツヘイをあげてみました

ココちゃんをお迎えしたお店のお食事セットに入っている生牧草が品切れとのことで、
はじめてオーツヘイをいただいたので、あげてみました。

結果は…
もちろん予想通り、迷いすらせずにおいしくいただきましたよ♡

オーツヘイってはじめて見たのですが、黄色いんですね~。
そして、なんていうか、さらさらしてる?
チモシーがトリートメントしてない髪の毛だとすると、
オーツヘイはトリートメントの上にアウトバストリートメントまでされてる。
引っかかりがないというか、つるつるしたてざわりでした。

なんらこだわりなくオーツヘイに食いつくココちゃん
DSC_0842.jpg

何見てるのとでもいわんばかりの表情。違う牧草ってことにも気づいてない??
DSC_0844.jpg

これで少なくとも2種類の牧草はいけるとわかりました。
いざというときにも安心です。

最近のお悩み

この1週間くらい、ちょっとした悩みが発生しています。

これまでトイレを憶えてからは、ココちゃんはおちっこの粗相はほとんどなくて、
ケージの中ではうんちょすは半分は床でもしてしまうものの、
へやんぽしているときは、ほぼうんちょすもおちっこもお部屋ではしない子でした。

それがなぜか、この1週間くらい、リビングで粗相をしてしまうのです。
最悪、うんちょすについては、ぽろぽろしているものなので、
ひろえば別にいいのですが、さすがにおちっこは困りものでして…。

コルクマットをかじるの防止で敷いていたふわふわ毛布の上でまずしてしまい、
ふいた後で洗濯をして、きれいにしたのに、また翌日毛布の上で粗相。
ふわふわ毛布のせいかと思い、今日はあえてふわふわ毛布ははずしてみたものの、
今度はホットカーペットの端っこで粗相をしてしまい、どうしたものやら、
とても困っています。さらには今まで気に入って遊んでいたダンボールの
へやんぽ時のハウスの中でもしてしまい、ダンボールは廃棄処分に…。

これまでちゃんとできていたのに、なぜ急にできなくなってしまったのか?
へやんぽ時のリビングは何も変えていないのですが、
何がいけないんだろう? と、とても悩んでいるのです。

「ココちゃんのお散歩しているお部屋はママとパパのお部屋で、
ココちゃんのお部屋なわけではないから、
ここでうんちょすやおちっこはしちゃだめよ」と今日も言い聞かせてはみたものの、
あんまり(仕方ないけど)理解はしてもらえませんで。

これってもう粗相をしてしまったらふき取ってにおいを消す以外、
方法はないでしょうか? これまでできていたのにできなくなったのが、
とても気になっています。何がココちゃんの中で変わってしまったのかしら…。

もし何かいい方法があったら教えてください。
よろしくお願いします<(_ _)>

犯兎はこのうさぎです!
DSC_0832.jpg

やばい、ばれたコッタ~!
DSC_0768.jpg


誘惑に抗えませんでした

うさぎさんのおちり、それはとても魅惑的なもの…。
それは抗いがたい魅力を放っているもの…。

と冒頭から変態丸出しみたいな文章ですが。
隅っちょが好きなココちゃんのおちりショットは滅多にとれないので、
たまにそんなチャンスが訪れると、妙にうれしくなってしまいます。
そんな「いや~ん、ばか~ん」な悩殺ショットをお披露目します。

ココさん、無防備にリラックスしております。
DSC_0821.jpg

誘惑には抗えず、めくってみちゃいました…(●´ω`●)
DSC_0822.jpg

戻しておきました。抵抗かあんよが動いてます
DSC_0823.jpg

ゴメンね、ママ、ココちゃんのことがかわいくて…つい…。

はじめてのイチゴさん

ココちゃんは食におおらかというか、食いしん坊というか、
基本的にご飯はなんでも食べます。どうぞされたときは、
たとえそれが見たことのないものでも、はじめてご飯をもらう人からでも、
全部いただきますしてしまうのです。
(ママからのものは全部食べると思っていましたが、病院宿泊でほかの人からもらったものでも、全部いただきますすると発覚しました。ママ、ちょっと寂しいです)

ココちゃんをお迎えしたお店の人からは、牧草やペレットが変わると、
警戒して食べなくなることがあるからと言われていたのですが、
いやいや、そんなのなんのその…。
病院食も問題なしだし、おやつの野菜や果物、初めてのものを与えても、
なんでもおいしく食べるいい子ちゃんです。

ただ、あまりにも警戒心がないので、この子の危機管理能力は大丈夫かしらと、
たまに心配になることはありますが…(;^_^A

表題に戻って、はじめてイチゴをおやつにあげてみましたよ。
うちでは生のものは野菜のほうがメインで、あまり甘いものはあげていないのですが、
かわいいショットをとるよりも早くに平らげてしまいました…!
イチゴさん、とてもお気に召したようです^^

なんとなくおやつの気配に気づきお目目がキラキラ
DSC_0811.jpg

イチゴさんだよ~
DSC_0812.jpg

残っているように見えますが、すでにお口の中です
DSC_0813.jpg

ものすごい勢いで平らげて、おかわり要求されました
DSC_0818.jpg

ゴメンね。そんなにいっぱいはあげられないのよといったらガッカリされました^^;
でも、とってもおいしそうに食べてくれたので、またあげようと思います。
イチゴは高いから、そんなにしょっちゅうは無理だけどね。
またおいしい、あげるからね~♡

うさぎさんは哲学するのだ

うさぎさんって、よく哲学的な顔をして座っていることがないでしょうか?
(私の気のせいか?!)
うちのココちゃんはよくペレット入れの前で哲学的な顔をして座っています。
ああいうとき、どんなことを考えているのかな~と不思議な気がします。
(たぶんそろそろご飯の時間かな、とか考えてるのだろうと思いますが)

うさぎさんが何を考えているのか、話を聞けたらいいのになぁといつも思います。
皆さんのうさちゃんは、いかがですか?

近づくと餌くれモード炸裂してしまうので画像の悪い写真しかありません
DSC_0742.jpg

ココにもいろいろと悩み事はあるコッタのよ
おててがかわいいですね♡
DSC_0751.jpg

二重あごに見えるこのアングルがかわいくて好きです
DSC_0752.jpg

北海道とパパへの感謝

北海道のお話です。
皆様に祝福コメントをいただき、とてもうれしかったです。
ありがとうございます(*^▽^*)

このブログに結婚式のお話を書くのもどうかなぁと思ったのですが、
そこまで訪問者が多いブログでもないし、このときの気持ちというのを、
書き留めておくのも、将来見返したときにこんなことがあったなと、
振り返るためにもいいかなと思い、少しだけ書かせていただこうと思います。
文字ばかりですし、うさぎさんも出てこないので、
スルーしていただいてまったく構いません。

前段の通り、先日のお出かけは北海道での内内の結婚式でした。
パパとママはもともと遅い結婚ということもあり、
式とか別にしなくても…と思っていたのですが、
親としては遅い結婚だからこそ(やっと片付いてくれて)めでたいのだし、
わが子の晴れ姿を見たいというお話もあり、もともとの気持ちとしては、
大変失礼ながら、親を喜ばせるための挙式でした。

でも、終わってみれば、やっぱりやってよかったなと思いました。
教会式だったのですが、祭壇へと向かう途中はやはりぐっときて、
ちょっと泣きそうになってしまったほどです。
そんなふうに自分がなるなんて思ってもいなかったので意外ながらも、
こういう儀式があるというのには、やっぱり意味があるんだなと、
改めて思った次第です。

ママは小学校一年生からの母子家庭で、あまり結婚というものに憧れがなく、
ずっとひとりなんじゃないかなと思っていたくらいですし、
結婚式やウェディングドレスに対する憧れも全然なかったので、
ほとんどこだわりもありませんでした。
何しろ私たちは東京で、式は札幌だったため、電話での打ち合わせしかできず、
前日に北海道に入った際に、貸衣装を決めるという、
結婚式に憧れる世の中の女子的には多分ありえない日程でした。

東京を混乱に貶めた大雪をもたらした寒気がちょうど北に上がっていき、
札幌が大雪に見舞われていたため、金曜日のフライトは3時間遅れ。
前後のフライトは欠航で、遅れはしても札幌入りできたのは、
運がよかったなぁと思います。

本当は3時からの打ち合わせの予定が、フライトの遅れにより、
式場の閉まるギリギリの時間に駆け込みとなりました。
すぐに試着だったのですが、プラン内のドレスは7着くらいで、
あとは追加料金で着られるドレスが、多分30着くらいあったと思うのですが、
こだわりもなかったですし、追加料金を払う気もなかったので(!)、
ほぼ10秒くらいで決まりました。お店の人が驚いていたくらいです。
パパのタキシードも2択とはいえ、1枚はベストが…だったのですぐに決まりました。

バタバタと前日は終わり、当日も。
結婚式の儀式って、いろいろあるんですねぇ。儀式というかきまりですかね。
どちらの手で手袋を持って、どのタイミングで反対側にとか、
ここでお辞儀をして一歩すすんでとか、リハーサルでは覚えることが多くて、
そのことに圧倒されていて、感動どころではありませんでした。

そして、そのリハーサルではある事件が。
海外ドラマや映画などで結婚式のシーンを見ていて知っている人は多いと思いますが、
新婦を新郎に引き渡す(正しい言葉がわかりません)前に、
父親が新婦をエスコートしてきますよね。先述の通り、私は母子家庭なので、
このエスコートを母にしてもらうつもりだったのですが…。

リハーサルのときに、いきなり母に拒否られたのです(爆)!
いや、もうびっくりしますよね! まさか断られるなんて思っていなかったので、
私もパパも、式場のスタッフの人もポッカーン。
結局母のいとこの私の大好きなおじさんにエスコートしてもらうことになり、
母はベールダウンといい、花嫁のベールをおろす役目だけとなりました。
なんで断られたのか、よくわからないのですが、それもまた面白い思い出に。

このブログにも登場してもらったことのある、
パパの甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんふたりにリングボーイ、リングガールとして、
お手伝いしてもらいました。ふたりともかわいくて、かわいくて、もう!
神父様が姪っ子ちゃんのことを見て、「彼女は美人だね」と、
しきりにほめておりました。
(言葉で書くとなんだか微妙に聞こえますが、ちなみに外国人のおじいさんの神父様で、
まったくいやらしい感じではなかったと付け加えておきます)

そして無事式も終わり、お食事会も終わり…。
みんな本当に楽しそうで、私たちも幸せな気持ちになりました。
よかったなって、心から思いました。
大切な家族に祝ってもらえるというのは幸せなことですね。
大好きな家族がそこにいてくれるだけで、胸があたたかくなりました。

1年前はまだパパとお付き合いもしておりませんで、
1年後に札幌で結婚式を挙げているとは思ってもいませんでした。
人のご縁とは不思議なものです。
1年前、パパはママのことを意識していたようですが、ママはそのことに自信がなく、
片思いなのかなんなのか、よくわからない状態でした。
出会ってからは2年くらいたっていたのですが、友人としての期間が長く、
恋愛感情を抱くようになるまで、少しあったと思います。

何度か一緒にお出かけはしていましたが、特に何の発展があるわけでもなく、
クリスマスの前にお出かけをしたときも、ママとしてはかなりがんばって、
無理やり(!)パパの手をつないでみたものの、パパからは、
「寒いんですか?」と聞かれる始末(爆)! 
しかもそのことをパパは覚えていないし!
脈ないのかな~と悶々としたのを思い出します。

年末年始に里帰りをするというパパに、お土産は何がいいかと聞かれ、
鮭とばを注文しました(爆)。
もうちーとロマンティックなものでも頼めばよかったのですが、
だって本当に食べたいものがほしかったんだもん~。

ただの間抜けなおのろけのようで、大変恐縮ですが、パパにとても感謝しています。
パパは本当にとてもいい人で、ママにはもったいないようなやさしくて素敵な人です。
なんでこんなにいい人が40になるまで余ってたのかな~と思ったりもしますが、
女性から手をつながられて「寒いんですか?」とか聞いちゃったりする人なので、
その辺が原因かと。でも、ママと一緒になるまで、待っててくれてありがとう。
パパのおかげで、本当に、本当に幸せです。

仕事のこととか、色々なことに追い詰められていてずっと体調が悪かったのですが、
パパのおかげで回復してきました。パパの見返りを求めない愛情のおかげです。
動物が大好きで、私がネットでうさぎの赤ちゃんの写真を見て喜んでいるのを見て、
うさぎを飼おうと言ってくれたことにも心から感謝しています。
ココちゃんをうちの子としてお迎えすることができたのも、全部パパのおかげだね。
パパのやさしさに包まれて、ママもココちゃんも幸せです。
どうもありがとう。

これからもずっとずっと、一緒にいようね。
うれしいことも、悲しいことも、一緒に乗り越えていこうね。
パパを見送ることはできそうにないので、
ママが先に死ぬので長生きしてください(笑)。
あなたがいてくれて、よかった。本当にありがとう。
大好きです。

DSC_0820.jpg

ココちゃん

2017.8.15生まれの女の子。 ツンデレで怖いもの知らずな性格がチャームポイント。 食いしん坊で探索大好き。いつでも脱走計画練ってます。

ココちゃんママ

Author:ココちゃんママ
うさママの皆様とお友達になりたいです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

アルバム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR